4月 21, 2021
122 閲覧数
0 0

トクラスのキッチンシンク

produced by

奥までシンク [ 特許登録済 ]

水栓デッキを斜めに配置し、シンクの奥行をめいっぱい広げました。シンク内の一番奥に洗剤カゴを置かないことで、洗い物の取り回しが良い広さを実現。排水口まわりには、水がスムーズに流れる溝のついた底面形状を採用。有効面積は業界最大クラス※、大きなフライパンや鍋がストレスなく洗えます。
※2020年10月 トクラス調べ 国内の主要システムキッチンメーカーにおける標準シンク

奥にひろびろ、そこに何もないから使いやすい。洗剤カゴの移動で、さらにゆったり洗えます。

奥スルーポケットで、しっかり流れる。水はけの良さで、洗い物がはかどります。

シンクカラー

柔らかで深みのある質感をそなえた人造大理石ワークトップ。彩りも豊かにマーブルシンクに8色をラインナップ。インテリアテイストにあわせてコーディネートができます
★ TENORの場合、シックベージュ、ホワイト、グレーが選択できます。

※セサミグレー(石目調)は、ハイグラーナカウンター、アートグラーナカウンターの場合のみ選択できます。 
※セサミグレー(石目調)の排水フタは、単色となります。
※マーブルファミリーシンクの場合は、セサミグレー(石目調)を選択できません。

シンクデザイン

ワークトップの主役とも言えるシンク。ベリーでは個性豊かな8つのデザインをラインナップ。
ワークトップのスタイルと合わせて、お好みの使い勝手にピッタリをお選びいただけます。
★ TENORの場合、奥までシンク、H2シンク、Aシンクが選択できます。

タグ・キーワード
トクラス
https://www.toclas.co.jp/

トクラスでは、商品情報(システムキッチン、システムバス、洗面化粧台)、リフォームなどの情報を提供しています。

コメントを残す